アイキャッチ

BLOG

老人介護施設で働いている高橋さんは自身の働いている職場で、

同じような毎日を過ごしている利用者さんに笑顔になってもらうにはどうしたらよいかと思っていたそうです。

「長年介護施設で勤務していると、

施設を利用しているおじいちゃん、おばあちゃんたちは

毎日同じ生活の流れの日々を過ごしていると認知症が進んでしまったり、

笑顔や会話が少なくなってしまいます。

とくにコロナの影響でご家族様とも面会する時間や回数が減り

本当に寂しい思いをしていらっしゃいます。

私たち施設のスタッフは利用者様に喜んでもらうために

何かできることがないか色々考えていました。

その時に、福祉フラワーサポーターの方が

【笑顔の贈り物】という福祉施設にフラワーレクリエーションを

無償で開催してくれるという企画を知り、応募させていただきました。

たった10分~15分ほどのフラワーレクリエーションでしたが、

お花をアレンジした利用者さんたちが驚くほど喜んでくれて、嬉しそうに自分の部屋にお花を持って帰っていきました。

普段あまり笑顔をみせない方が笑っていたり、

認知症の方が昔の話を思い出してしてくれたり、

使用した花の歌を歌い始めたりと、スタッフみんな本当に驚きました。

コミュニケーションフラワーの可能性をとても感じました。

利用者さんだけでなく、スタッフもお花に癒され職場の雰囲気もよくなりました。

自分の施設でもフラワーレクリエーションを定期的に開催したいと思い、

福祉フラワーサポーターの講座を受講しました。

講座の内容は、ただのフラワーアレンジの技術だけでなく、

花と色が脳や身体、心に与える影響や、家族・職場などで使える

良好コミュニケーションの取り方も教えていただきました。

認知症の方へのかかわり方やフラワーレクリエーションで気を付けることなどもわかりやすかったです。

小さい子供やお年寄りでも簡単に短時間でかわいい作品が作れるものを学べたので

フラワーデザインの知識がない私でも取り組みやすかったです。

今では3か月に1度のペースですがフラワーレクリエーションを施設で開催し喜んでいただいてます。

今後は毎月1回のペースで出来たらいいなと思っています。

ゆくゆくは、自分の働いている施設だけでなく他の施設にも訪問しフラワーレクリエーションをして

沢山の方に喜んでいただきたいです。」

高橋さんのような介護士さんが沢山増えれば

日本の介護施設の現状も変わっていきますね!!

私どもも介護フラワーを通じて

もっともっとたくさんの施設様に届けていきたます!

「子供に何回も同じことを言っても聞いてくれずイライラしてしまう自分が嫌だ」

「義理の母の介護に協力的でない夫にイライラしてしまう」

「いつも自分と人を比べてしまい、本当の自分の良さがわからない」 

「職場の人間関係が上手くいかず仕事もプライベートにもに支障がでる」

「子育て、家事、仕事、介護・・・いつも自分のことは後回しで

ストレスが溜まる。このままの人生に不安な毎日」

このような悩みを抱え、毎日悩んでいませんか?

Aさんは、

忙しい毎日で

家族にイライラをぶつけてしまったり、

そのせいで家庭内のコミュニケーションがうまくいかず、会話が少なくなってしまったり

これからの生活や将来が不安になったりと

頑張っても思うようにいかず

ストレスを抱えている毎日。

一方で、Bさんは

同じような生活をしているのに、

家族の仲が良く仕事もプライベートも

いつも楽しそうにしています。

いったい、この二人の『違い』は何なのでしょうか?

いつも楽しそうにしていて

家族や職場、周りの人との関係性もうまくいっているBさんがやっていること。

それは、コミュニケーションフラワーにありました。

私たちは今までに、

「大好きな家族が、安心して笑顔で暮らせる毎日をつくる」

というコンセプトで

親子イベントや老人介護施設、発達障害施設、特別支援学校、病院、幼保育園、小学校などで

レクリエーションとしてコミュニケーションフラワーをお伝えしてきました。

その中で、

子供と大人、お年寄りが

コミュニケーショフラワーをきっかけに、

会話が増え、笑顔が増え、思いやりが溢れだした素敵な空間を沢山見てきました。

「お花で家族仲や毎日の生活がかわるなんて。」とあなたは思ったかもしれません。

家族コミュニケーションの本や

夫婦コミュニケーション、職場コミュニケーションなど

人間関係についての書籍は沢山あります。

実際に私も子供を産んで、母親になった時に

『こどもの上手な褒め方・しかり方』のような本を読んだのを覚えています。

ですが、

そのような本を読んで実践してみたところで

一人目の子供と二人目の子供では全く違う反応だし、

言うことは聞かないし、思うようにいかないし・・・。

色々なコミュニケーションの本を読んでも

一般論のようなものが多く

「親として」 とか 「人として」のアドバイスが多いものが少なくないなと思いました。

これは子供のコミュニケーションのことだけではなく、

夫婦コミュニケーションや介護コミュニケーション、

職場コミュニケーションなどにもいえること。

私たちがお伝えしているコミュニケーションフラワーが

なぜ、喜んでいただけるのか?

それは、ただ単にお花を楽しむだけではないからです。

「大好きな家族が笑顔で楽しみながら毎日を過ごすこと」が出来るからです。

なぜ、『コミュニケーションフラワー』を楽しむ人は

家族仲も良く、笑顔で楽しい毎日をすごすことができるのか?

次回はこちらをお話していきますね(^^)

◆協会本部◆

〒940-0861
新潟県長岡市川崎町703-1 リビエ川崎1-C

【営業時間】
月曜~金曜 AM10:00~PM15:00
土曜 AM10:00~PM12:00
日曜 休校(基本一般講座に限る)
※イベント、催事、大会等の関係で一部変更がある場合も御座います。近々の情報をお知りになりたい方はお問い合わせ下さい。

◆当サイトのバナー掲載・リンクについて

本ホームページへのリンクをする際は以下の事項をあらかじめご了承ください。

・フレーム内での表示など他サイトの一部となるような表示や、営利目的のリンクはお断りいたします。
・当協会にとりまして不利益と判断される場合には、リンクをお断りすることがあります。

必ずダウンロードをしてご利用下さい

◆購読無料メールマガジン

コミュニケーションフラワーデザイン 気の利いた言葉が出てくれば…相手が喜ぶ言葉を伝えたり、態度に表すことができたら…
【お花と色が人の心を動かし、感情をコントロールする】マガジンでご紹介しています。

メルマガ メルマガ